大切な記念日には人気のサービスを利用しよう

工夫をする

ポイントは準備が大事です

 七五三に写真は自分たちで撮ろうと思ったらとても大変です。お参りだけでも大変なのにいいのを撮ろうと思ったら、いくつかの工夫が必要になります。  まず、体調管理を大人も子供もしっかりとすることです。風邪など引いていては集中できません。撮るときの時間も大切です。子供のお昼寝時間やおなかがすく時間をさけてとるのが良いでしょう。  また、七五三はいつもと違って正装しているのに子供はお構いなしに動きます。粗相をして服を汚す前やお参りをして疲れた後より、現場についたら最初に写真をとるのがポイントです。  七五三の中でも一番小さい3歳の子を撮る場合は、注意が必要です。せっかく、上記のポイントを押さえてもカメラをみてくれないと意味がありません。それを解消するには、カメラに注意をむける必要があります。何か気を引くおもちゃなどをもっていくといいです。  このようにして七五三のいい写真をとるためには、体調管理と時間帯とおもちゃの準備といった用意が必要になります。これで、いいのが撮れます。

七五三で写真を撮るときに知っておくとよいことがあります

 一番、簡単なのがスタジオで写真を撮ってもらうことです。多くの七五三を撮られているのでいいタイミングを逃しません。この時にどのようにして撮っているか意識しておくと、外で自分たちで撮るときに役にたちます。  写真屋さんは、子供だけでなく大人にも声がけをして注意をひきます。それがとてもユニークです。緊張をとってくれるような声がけをしてくれます。「いい笑顔ですよ。」などと和やかにしてくれます。この点をまねれば、ひきつった顔をすることはないです。  また、やはり、上記にあげたおもちゃも外せません。これには大人の笑顔もでるので効果的です。  デジカメで撮る場合は、撮ったその場で確認することも大事です。意外に目が閉じられていたりするので、何枚か撮ることをおすすめします。  他には、同じアングルだけでなく、アップの写真や写真を意識していないときの写真も撮るといい思い出になります。