大切な記念日には人気のサービスを利用しよう

成人式の参加

これまでの歴史や変遷

成人式が行われるようになった歴史はまだまだ浅いのです。戦後、1946年に埼玉県蕨市で行われました。当時の市長が20歳になった成人を戦後の厳しい時代を将来を担う成人を激励しようとして始められたものが始めで当時は、成年式と言われていました。それが全国各地に広まり成人式となりました。かつては、1月15日が成人式でしたが、現在はハッピーマンデーといって、土日月曜日と三連休にすることでレジャーなどの消費を促すために1月の第2月曜日となりました。そして、成人の姿を記念に残そうと写真を撮るようになりました。現在では、大手写真スタジオによって、振袖のレンタルや写真撮影など行えるものなど様々なサービスを展開しています。

今後の動向についての予測

少子高齢化社会である日本は、これから先、成人式に参加する人達の人口は減少していきます。しかし、一人っ子や子供の数が少ないため、その子供にかけることのできるお金はあります。また、成人を迎える子供達は、 小さい頃からお宮参り、ハーフバースデー、誕生日、七五三と写真を撮られることに慣れています。そんな中で成人式の写真は、子供の数が減っても、写真を撮るためにかかる費用などは多く出す過程が多いため、そこまで少子高齢化社会だと言われていても減らないと予測それます。また、最近では、成人式も2つあると言われており、10歳になると二分の一成人式というものを学校などで行い、また、写真スタジオなどで写真を撮っまたりするのでその需要も見込めます。